逸見智彦

WBCバレエコンクール 審査員長

WBCバレエコンクール 審査員長 逸見智彦

所属

デルフィネス バレエ Bon スタジオ」主宰

牧阿佐美バレエ団

新国立劇場バレエ団 オノラブル・ダンサー

バレエ シャンブルウエスト

略歴

東京都出身。今村博明、川口ゆり子に師事しバレエを始める。

橘バレヱ学校卒業後、牧阿佐美バレエ団に入団し牧阿佐美、三谷恭三に師事。

新国立劇場オノラブルダンサー。くるみ割り人形でデビュー以来、白鳥の湖、眠れる森の美女、ジゼル、ドンキホーテ、シンデレラ、ラ・バヤデール、ライモンダ、ラ・フィーユマルガルテ、ラ・シルフィード、ロミオとジュリエット、レ・シルフィード、ホフマン物語、コッペリア、天上の詩他に主演。バランシンのセレナーデ、テーマとバリエーション、ローラン・プティのノートルダムドパリ、ドミニクウォルシュのア・ビアント他に主演。ナチョ・ドゥアトのComing Together、ダンツィヒの四つの最後の歌、ヘルギー・トマソンのコンブリオ、他多数のアーティストの作品に出演。

第32回橘秋子賞優秀賞、第24回服部智恵子賞を受賞。